その他

海外旅行好きが語る!羽田空港内のおすすめホテル・空港周辺ホテルをまとめました!

こんにちは。海外旅行が趣味で、長期休暇の度に羽田空港から世界各地に飛び立っているTAKAです。夜遅くまで仕事して、羽田空港付近のホテルに宿泊。その後、早朝便で海外へフライト、なんてこともよくやっています。今回は羽田空港のヘビーユーザーである私が羽田空港付近でおすすめのホテルを紹介します。

羽田空港内・空港エリアにはどんなホテルがある?

羽田空港の早朝便に搭乗するためにホテルを利用するという場合、3つの選択肢があります。

①羽田空港内のホテルに宿泊。
②大森駅周辺のホテルに宿泊。翌朝電車の始発で羽田空港へ。
③羽田空港付近のホテルに宿泊。翌朝シャトルバスで羽田空港へ。

このうち、体力的に最も楽なのは当然ですが、①の選択肢。羽田空港には下記のホテルがあります。

・羽田エクセルホテル東急
・ロイヤルパークホテル
・ファーストキャビン(カプセルホテル)

このうち、羽田空港第二ターミナルにあるのは「羽田エクセルホテル東急」のみ。ただし、他の2つのホテルに泊まっても、第一ターミナルから第二ターミナルへ移動するシャトルバスを利用することができます。シャトルバスは5:00~24:06まで5分間隔で運行されています。

また、3つの選択肢の中で、一番コストを安く抑える事が出来るのは②の選択肢です。大森駅周辺は羽田空港周辺と比較して、格安の宿泊料金で泊まれるホテルがたくさん存在します。翌日東急の始発に乗ればフライトの時間に間に合う人なら、この選択肢を選ぶのも良いでしょう。

ただ、羽田空港を始めて利用する人は、何かトラブルがあった時のことを考えて(電車を乗り間違える等)、②の選択肢は避けた方が無難です。

ちなみに、③の選択肢が個人的には一番おすすめです。宿泊費も空港内のホテルに泊まるよりは安くなり、なおかつ翌朝はバスで空港まで送ってもらえるので、楽ちんです。体力面・コスト面を考えた時、一番バランスが取れているのが、③の選択肢になるでしょう。

羽田空港周辺の宿泊では上記の3つの選択肢があります、自分が重視するものに沿って、どの選択肢を選ぶか考えてみましょう。

羽田空港内のおすすめホテル

羽田エクセルホテル東急 ¥15,000~

羽田空港第2ターミナルに唯一存在するホテルです。1泊の料金は15,000円~。空港内に宿泊すると、翌朝ドタバタと移動する必要が無く、非常に楽です。

また、羽田空港をあまり利用したことが無い人は、前日に空港に宿泊しておいた方が何かと安心です。そのため、羽田エクセルホテル東急への宿泊を強くおすすめしたいと思います。

ちなみに、飛行機が滑走路から飛び立つ姿を眺めるのが好きな人いませんか?この羽田エクセルホテル東急、窓を開けると飛行場の風景が目の前に広がります。飛行機が離陸する姿を見ながら、コーヒーを飲む時間は至福のひとときです。

また、忙しいビジネスマンのあなたは、翌日の出張先の会議に備えて、ホテルでも仕事をしたいと思っているかもしれません。そのようなホテルで仕事をしたい人にも羽田エクセルホテル東急はおすすめです。

広い作業机があり、ノートパソコンを広げて作業するのに、非常に便利です。また、コンセントの差し込み口も多いので、PCを複数台利用しながら、同時にスマートフォンを利用するといったことも余裕です。下手なホテルに泊まると、ホテル内の環境が悪く、仕事がはかどらない場合もあります。ホテルでも仕事をしたいあなたは迷わず羽田エクセルホテル東急を選びましょう!

羽田空港内のホテルが満室だった時は、こちらのホテルがおすすめ!

蒲田黒湯温泉ホテル末広 ¥8,000円~

温泉が大好きな人に一押しのホテルが「蒲田黒湯温泉ホテル末広」です。天然の黒湯温泉で旅の疲れを癒すことができるのが、このホテルの最大の売りです。この黒湯温泉、日帰りで入浴に来る人もいる地元では知られた温泉です。サウナもあるので、サウナが好きな人にもおすすめです。

蒲田黒湯温泉ホテル末広は蒲田の駅から徒歩3分という非常に便利な立地にあります。ホテルの隣にセブンイレブンがあり、蒲田駅前に飲食店やレストランがたくさんあるため、食事に困るようなことはありません。

そして、朝はおいしいと評判のモーニングコーヒーとパンの朝食サービスがあります。また、羽田空港への無料送迎バスもあるので、ホテルから電車で羽田空港まで移動する必要はありません。

1泊の料金は8,000円程度。温泉好きな人はこちらの蒲田黒湯温泉ホテル末広に宿泊してみてはいかがでしょうか?

東横イン羽田空港 ¥8,000~

京浜急行線の大鳥居駅から歩いて30秒のところにあるのが、東横イン羽田空港。大鳥居駅は羽田空港から電車で7分のところにある駅です。

こちらの東横イン羽田空港、とりあえずリーズナブルな価格で、そこそこのレベルのホテルに泊まれれば良いという人には一押しです。東横インブランドのホテルだけあって、サービスの水準は安定しています。

部屋もそこそこ綺麗で、朝も和洋食のバイキングを楽しむことができます。また、羽田空港までの無料送迎バスも出ており、15分程度で羽田空港まで行くことができます。

このような条件がそろっていて、1泊の料金は8,000円程度。羽田空港近くの高いホテルに泊まって、余計な出費をしたくないという人には、こちらの東横イン羽田空港に泊まるのが良いでしょう。

羽田空港でおすすめのお店って?

羽田空港の早朝便で出発することを考えると、食事は国際線なら24時間営業のお店、国内線なら早朝から開いているお店を利用することになります。

国内線なら朝一番早く開くお店は「フライヤーズテーブル」。このフライヤーズテーブルのモーニングビュッフェは朝の5:00からスタート。一人2,000円程度でかなり豪華な朝食を食べることが出来ます。

フライヤーズテーブルのモーニングビュッフェがお値段的にちょっと…という場合におすすめなのは「cuud(クウド)」。このクウドはスパイシーカレーうどんのお店。朝の5:30からオープンしており、900円程度でご飯と野菜がついた「朝のカレーうどん」を楽しむことができます。意外に辛口なので眠っている頭を起こすのにも最適かも。

店舗名:フライヤーズテーブル
場所:2階(エクセルホテル東急内)

店舗名:cuud(クウド)
場所:2階

国際線なら、吉野家やMOSカフェが24時間営業です。特に国際線の場合、出国審査などもあり、国内線よりも時間が押してしまうので、ファーストフードでちゃちゃと食事を済ませてしまうことをおすすめします。

店舗名:吉野家
場所:4階/江戸小路

店舗名:MOSカフェ 羽田空港国際線ターミナルビル店
場所:4階/江戸小路

これから羽田空港を訪れる方へ

ホテルに宿泊するのであれば、上記で紹介したホテルに宿泊するのがおすすめです。ただ、ホテル代を節約して、羽田空港で夜を明かしたい人もいるかもしれません。羽田空港は24時間営業の空港になるので、空港で夜を明かすことも可能です。

ちなみに、もし空港で夜を明かすなら、国際線ターミナルがおすすめ。その理由は吉野家やMOSカフェといったお店が24時間営業しているから。国内線は24時間営業のお店が無いため、夜中に「お腹減ったなぁ…」と思っても食事する場所がありません。

自分も以前国内線ターミナルで夜を明かして、夜中空腹に苦しんだことがあります。そのため、国内旅行に出かける人も夜を明かすなら、国際線ターミナルで過ごすことをおすすめします。

今回は羽田空港を利用する際、おすすめしたいホテルを紹介しました。それでは、羽田空港からの旅行を楽しんで下さい!