ペナン島のおすすめホテルと宿泊エリア3選!|ジョージタウンのホテルを中心にご紹介


2000年に東南アジアをラウンドしてから、東南アジアの虜になってしまい、2008年に移住したノブです。

マレーシアのペナン島には、海路でお隣のスマトラ島に渡るために訪れたのがきっかけで、2000年に足を踏み入れました。
ただの通過点の予定が、思いのほか居心地がよく、現在でも時々遊びに行くほど気に入っている場所です。
今回は、私のお気に入りの「マラッカ海峡に浮かぶ東洋の真珠ペナン島」を紹介します。

なお、ペナン島に宿泊するなら、おすすめの滞在エリアは次の3つです。

ショッピングや観光に便利なエリアに泊まるなら、ジョージタウンエリア。
マリンアクティビティを楽しみたいなら、タンジュン・ブンガエリア or バトゥ・フェリンギエリア。
って感じで、宿泊エリアを選べば問題無いでしょう。

それでは、それぞれのエリアの解説とおすすめのホテルについて、詳しく見ていきましょう。

ペナンおすすめ滞在エリア①.ジョージタウン(George Town)エリア

ペナン島 の公園ペナン島の玄関口で世界遺産のジョージタウンは、ペナン島の商業・行政の中心地として機能する街でもあります。

かつて東西貿易の拠点として繁栄したジョージタウン。
歴史と文化を色濃く残す歴史的な建築物が街中の至る所に残され、現在でも利用されています。
18世紀にイギリス領となり、その植民地時代に建てられたコロニアル建築や、マレーシアが多民族国家であることを象徴するような宗教施設が混在しています。

ジョージタウンの街中の観光スポットは、独特の形がピサの斜塔をイメージさせるショッピングセンター「コムタ」(こちらは決して傾いてはいません)。
また、街中ではショッピングが楽しめますし、活気のあるローカル市場を覗くのも楽しい体験です。

ペナン島 のフェリーポートさらに、ジョージタウンには、

  • イギリス植民地時代の姿がそのまま残される「コーンウォリス要塞
  • かつて「東洋のロックフェラー」と呼ばれた華人チョン・ファ・ツィが暮らした「ブルーマンション」(こちらはホテルとして営業しています)
  • 植民地時代の面影を残すマレーシア最古の英国教会の「セント・ジョージ教会
  • イスラム教の「カピタンクリンモスク
  • 中華寺院の「クーコンシー
  • ヒンディー寺院の「スリマハマリアマン

といった観光スポットが目白押し。

多民族文化がこれほど混じり合う街はなかなか珍しいですね。
特にブルーマンションは、プラナカン文化を感じられる代表的なスポットです。

15世紀後半からマレーシアに渡ってきた中華系移民の文化が、地元のマレー文化やヨーロッパ文化と融合して生まれた「プラナカン文化」。
プラナカン文化は、マレー半島とシンガポールでしか見ることができません。

プラナカン文化に興味のある方は、19世紀に建てられた「プラナカンマンション」を訪れてみてください。
どこか懐かしいような、魅力的で独特のプラナカンデザインの展示物1000点以上を見ることができます。

郊外の観光スポットはサンセットタイムに訪れたい「ペナン・ヒル」と極彩色の中華寺院「極楽寺」、空港近くの「ヘビ寺(Snake Temple)」も珍スポットとしておすすめです。
ヘビ寺まで行くと、対岸のマレー半島にかかる大きな橋も見ることができます。

ペナン島 のカラフルな建物ジョージタウンの港では、対岸のバタワースとのシャトルフェリーが約20分おきに就航してます。
マレー半島への散策にも挑戦すると楽しいですよ。

ペナンと言えば「グルメ・アイランド」としても名高い島です。

  • マレーシアの麺料理である「ラクサ(LAKSA)」
  • マレーシア名物「パクテー(肉骨茶)」
  • マレーシアの名物デザート「豆腐花」
  • 鶏の出汁で炊き上げたご飯に蒸し鶏を載せた「チキンライス(海南鶏飯)」
  • 中国・福建省からの移民が多いことから伝えられた「ホッケン・ミィ(福建麺)」
  • インド系移民と中国系移民の文化の融合「カリー・ミィ」

など例を挙げるときりがありません。

自然史博物館の近くの大型屋台村(ホーカーセンター)の「紅園(レッドガーデン)」は活気ある庶民的な雰囲気。
リーズナブルに食事を楽しめるのでおすすめです。

ステージ上で次々と繰り広げられるダンスや歌の舞台を見ながら、地元人に混じって安くて美味しいマレーシア料理をビール片手に堪能できる異国情緒たっぷりの屋台街
屋根がかかっているので雨が降っても安心ですよ。

ちなみにジョージタウンは徒歩で回れるとは言っても、全部見て回るにはかなり歩かなくてはいけません。
自転車はレンタサイクル店で簡単に借りられます。
なので、「徒歩で回るのはちょっと」という人は、自転車で回るのもいいかもしれませんね。

ジョージタウンエリアのおすすめホテル①.アレカ ホテル ペナン(Areca Hotel Penang)

ペナン島 アレカ ホテル ペナン

ホテル名:アレカ ホテル ペナン(Areca Hotel Penang)
住所:5 Jalan Khoo Sian Ewe,Penang Island,Malaysia.
料金:1泊5,540円~

ジョージタウンのランドマークであり、シンボルともいえるショッピングモール「コムタ」から300mと言う立地は、まさにジョージタウンの中心地と言えます。
中華街やインド人街も徒歩圏内。
ですので、ショッピングやペナングルメを楽しむ旅行の拠点にはもってこいの場所しょう。

ペナン島 アレカ ホテル ペナンの客室中庭のような通路を囲むように作りこまれた建物は、歴史の街ジョージタウンに居ることを実感させてくれます。
全館フリーWIFI、エアコン、テレビミニバー、そしてバスルームのバスアメニティとヘアドライヤーが標準仕様となっています。

ペナン島 アレカ ホテル ペナンのカフェ・レストラン館内のカフェ・レストランは中華とマレーシアのフュージョン料理が楽しめるほか、洋食も提供されています。
利用価値大と言えるでしょう。

Booking.comで空室をチェック

Agodaで空室をチェック

このホテルの詳細・宿泊予約はコチラ

このエリアのホテルを検索する

ジョージタウンエリアのおすすめホテル②.イースタン・アンド・オリエンタルホテル(Eastern & Oriental Hotel)

ペナン島 イースタン・アンド・オリエンタルホテルホテル名:イースタン・アンド・オリエンタルホテル(Eastern & Oriental Hotel)
住所:10 Farquhar Street, George Town, Penang Island , Malaysia
料金:1泊17,728円~

イギリス統治時代の歴史を受け継ぐコロニアル様式の「イースタン・アンド・オリエンタルホテル」は、ネットの口コミでもかなり評価が高いです。
そして、実際に宿泊してみて、その評価は間違ってないと感じました。ぜひおすすめしたいホテルの一つです。

本館は1885年に建てられ、ロビーも部屋もクラシカルな家具で統一された重厚でレトロな雰囲気。
「100年以上前、どんな人たちがどんな風にこのホテルを訪れたのか」を想像しながら廊下を歩くだけでも、宿泊する価値はあると感じるはず。
館内のあちらこちらで歴史の面影を感じることができるでしょう。

現在は隣に新館ができており、新館も高級感のある落ち着いた雰囲気が人気です。
私は、本館、旧館、どちらにも宿泊しました。
個人的には、床から天井まで大きく開いた窓から海を眺められる新館がおすすめです。
五つ星ホテルに一万円台で泊まれるのが、アジア旅行の魅力の一つですね。

Booking.comで空室をチェック

Agodaで空室をチェック

このホテルの詳細・宿泊予約はコチラ

このエリアのホテルを検索する

ジョージタウンエリアのおすすめホテル③.スパイシズホテル(Spices Hotel)

ペナン島 スパイシズホテル

ホテル名:スパイシズホテル(Spices Hotel)
住所:5, Lorong Lumut, George Town, Penang Island ,Malaysia
料金:1泊4,721円~

最近ジョージタウンでは、古い住宅や商店を改装したおしゃれなB&Bなど小さなホテルが人気です。
中でも私がおすすめしたいのが、この「スパイシズ ホテル」です。

オーナーは建築家の旦那と、ランドスケープデザインが専門の奥さん。
彼らは元々ばらばらだった4軒のショップハウス(この地域独特の店舗兼住居)を買取り、改装してホテルとしてオープンさせました。
元の建物はその建築様式から100年から200年前の建物ということです。
古いレンガの壁に絡みついた巨大な菩提樹の根がその月日を感じさせてくれます。
世界遺産の街に住むように滞在を楽しんで欲しい」というのがこのホテルのコンセプトです。

更に、このホテルのオススメの理由はモスクから流れるアザーン(イスラム教の礼拝時間を知らせる大音量の呼びかけ)が聞こえることです。
私はこのアザーンを聞くとイスラム文化の地にやって来たという実感が湧くのです。
日本では体験できないイスラム圏ならではの文化を感じられます。

Booking.comで空室をチェック

Agodaで空室をチェック

このホテルの詳細・宿泊予約はコチラ

このエリアのホテルを検索する

ペナンおすすめ滞在エリア②.タンジュン・ブンガエリア

ペナン島 歴史ある建物

ペナンの中心地ジョージタウンにほど近く便利でありながら、喧噪から離れられ落ち着いた滞在ができるのがタンジュン・ブンガと言えるでしょう。
珍珠山大伯公の裾野とマラッカ海峡に挟まれた海沿いのエリアです。
小さなエリアですから街中には目玉となる観光スポットはありませんが、ビーチを散歩しがてらパブテスト教会や仏教寺院を見ることができます。

郊外の観光スポットは、珍しい南国の植物を見ることができる「ペナン植物園」があります。
ジョージタウンまでも近いので、ジョージタウン散策やジョージタウン郊外の観光スポットも網羅することが可能です。
観光の拠点としてタンジュン・ブンガを選べば、ゆっくりとビーチステイしながらショッピングはジョージタウンという欲張りなリクエストも叶えることが可能と言えるでしょう。

タンジュン・ブンガでの食事はペナンで評判のハンバーガーショップ「ハンバーガー・インク・ペナン」やシーフードとマレーシアフードを中心とした「ウォーターワールド・シーフード・レストラン」がおすすめです。
少し離れていますが、ペナンのホーカーズセンターの老舗的存在の「ガーニー・ドライブ」もいいですね。
一度訪れたいホーカーズセンターと言えるでしょう。

タンジュン・ブンガエリアのおすすめホテル①.コプソーン・オーキッド・ホテル・ペナン(Copthorne Orchid Hotel Penang)

ペナン島 コプソーン・オーキッド・ホテル・ペナン

ホテル名:コプソーン・オーキッド・ホテル・ペナン(Copthorne Orchid Hotel Penang)
住所:Jalan Tanjung Bungah,Tanjung Bungah,Penang Island,Malaysia.
料金:1泊4,282円~

タンジュン・ブンガビーチまで徒歩5分圏内のホテル
室内からは海が見え抜群の立地条件と言えるでしょう。
この1部屋の価格がこの価格ですから、カップルや気の合う友達と利用すれば非常にリーズナブルと言えます。

ペナン島のホテルと海 きちんと掃除が行き届いた室内には、エアコン・テレビ・ミニバーが完備されています。
バスルームのバスアメニティも充実していますし、ヘアドライヤーも完備しているのは嬉しいですね。
全館フリーWIFIであることは言うまでもないでしょう。
ホテル内にはレストランが2軒とミニマートがあり、外出が面倒でも問題なく過ごすことができます。
またジョージタウンまでの無料シャトルバスサービスを運行しています
なので、ショッピングに出かけるのも便利です。

ペナン島 コプソーン・オーキッド・ホテル・ペナンの客室

タンジュンブンガビーチは近いのですが、敷地内のプールで泳ぎながらリラックスするのがおすすめです。
照りつける太陽と真っ青な空、ヤシの木が南国の気分を盛り上げてくれます。

Booking.comで空室をチェック

Agodaで空室をチェック

このホテルの詳細・宿泊予約はコチラ

このエリアのホテルを検索する

ペナンおすすめ滞在エリア③.バトゥ・フェリンギ(Batu Ferringhi)エリア

ペナン島 の中華風建物

ペナン島を代表するビーチリゾートの街がバトゥ・フェリンギです。
1990年代後半に沢木幸太郎の「深夜特急」がドラマ化されて大評判でした。
そのロケ地のひとつとなったのが、バトゥ・フェリンギ。
主演の「大沢たかおさんが座ったブランコ」という日本人限定の観光スポット(?)もありました。

また、バトゥ・フェリンギはマリンスポーツの盛んな街です。
市内観光の目玉は、バナナボート・ジェットスキー・ウィンドサ-フィン・ウェイクボード・パラセーリングなどのマリンアクティビティと言えるでしょう。
驚くほどリーズナブルに楽しむことができます。

郊外の観光スポットは力強い南国の自然が素晴らしい「ペナン国立公園」や公園内の「モンキービーチ」、近くにある「トロピカル・スパイシー・ガーデン」や「トロピカル・フルーツ・ファーム」などがあります。

ペナン島のビーチで遊ぶ人レンタルバイクを借りて、バイクで島を一周することも可能です。
自力でバイクツーリングの冒険をするのも楽しく、観光化されていないエリアはペナンの新しい一面を見せてくれますよ。

食事は中華、タイ、マレーシアのアジアの国々の料理が楽しめる「アンドリューズ・カンプン」やインド料理が美味しい「エンカ」で楽しく食事をすることができます。
アジアンフードに和食も加えたホーカーズセンター「ロング・ビーチ」もあるので、庶民的な屋台の雰囲気が好みの方でも安心です。

ちなみに、バトゥ・フェリンギを目指すのであれば乾季の12月から2月頃がベストです。
それ以外のシーズンでは、残念ながら私たちがイメージするような透明な海は見られません。
もちろん、透き通るような海にこだわらないのであれば、バトゥ・フェリンギビーチは一年中楽しめますけどね。
シュノーケリングのために、有名な船で2時間ほどのパヤ島まで行ってみるのも楽しいかもしれません。

バトゥ・フェリンギエリアのおすすめホテル①.ホリデイ・イン・リゾート・ペナン(Holiday Inn Resort Penang)

ペナン島 ホリデイ・イン・リゾート・ペナン

ホテル名:ホリデイ・イン・リゾート・ペナン(Holiday Inn Resort Penang)
住所:72, Batu Ferringhi,Penang Island,Malaysia.
料金:1泊5,774円~

バトゥ・フェリンギビーチでひときわ目を引くホテルが、日本でもおなじみのホテルチェーン「ホリデイ・イン」のペナン支店です。
ビーチ直近でビーチエントリーも簡単です。
敷地内のプールや、サウナ・ジャグジーの施設も管理が万全で快適です。
室内の設備や清掃クオリティの高さや、行き届いたスタッフ教育は「さすがは有名ホテルチェーン」と関心させられます。

ペナン島 ホリデイ・イン・リゾート・ペナンの客室海を見下ろす室内には、エアコン・テレビ・ミニバーが当然完備されています。
バスルームのバスアメニティの充実も、ヘアドライヤーの完備も間違いないです。
フリーWIFIも全館で使用可能なのは言うまでもないでしょう。

ペナン島 ホリデイ・イン・リゾート・ペナンのプールで遊ぶ人達ホテルの近くには遊園地があり、遊園地の近くには珍しいものやコピー商品(見るだけにしてくださいね)を扱う屋台が立ち並びます。
散策するだけで目を楽しませてくれますね。

Booking.comで空室をチェック

Agodaで空室をチェック

このホテルの詳細・宿泊予約はコチラ

このエリアのホテルを検索する

バトゥ・フェリンギエリアのおすすめホテル②.シャングリ・ラ ラササヤンリゾート&スパ(Shangri-La’s Rasa Sayang Resort & Spa)

ペナン島 シャングリ・ラ ラササヤンリゾート&スパ

ホテル名:シャングリ・ラ ラササヤンリゾート&スパ(Shangri-La’s Rasa Sayang Resort & Spa)
住所:Batu Ferringhi Main Road | Kampung Tanjung Huma, Batu Ferringhi, Penang Island, Malaysia
料金:1泊17,611円~

ビーチリゾートでは、少し奮発していいホテルに泊まるがビーチライフを楽しむ秘訣だと思います。
街中のホテルでは一日中観光に出歩いて、ホテルは寝るだけに帰るなんてこともあるでしょう。
が、ビーチでの滞在はほとんどがホテル内とホテル前のビーチで過ごすことになるからです。
ホテルが快適かどうかで旅の充実度がかなり変わってしまうのです。

バトゥ・フェリンギエリアでは、王道の「シャングリ・ラ ラササヤンリゾート&スパ」がやっぱり一番のおすすめです。
ゆったりとした広い敷地、丁寧なサービス、ビーチも静かでとても居心地がいいです。
ジョージタウンへのシャトルバスも出ているのでとても便利です。

Booking.comで空室をチェック

Agodaで空室をチェック

このホテルの詳細・宿泊予約はコチラ

このエリアのホテルを検索する

ペナン島のおすすめホテルと宿泊エリア3選!|ジョージタウンのホテルを中心にご紹介のまとめ

滞在期間に余裕がある人には、ビーチはランカウイ島まで足を延ばして楽しみ、ペナン島はジョージタウン内に滞在しながら世界遺産をしっかり観光するのもいいかもしれません。

ちなみに空港から街までのバスは、渋滞の時間にはまってしまうと、思った以上に時間がかかります。
移動はできるだけ、ホテルの送迎サービスやタクシーがおすすめです。

ペナン島は日本人のリタイア後の移住地として人気があると聞いていました。
が、行ってみると本当に納得しました。
何度でも訪れたい魅力のペナン島です。

また、ルックイースト政策で日本を模倣し成長を果たしたマレーシアは、驚くほどの親日国です。
国教がイスラム教なので、街中に沢山のモスクが存在します。
ペナン島も例外ではなく朝夕にはアザーンが大音量で流れるのですが、夕暮れに耳にするアザーンは異国情緒があり不思議な雰囲気を生み出してくれます。

イギリス領であった時代の建築物や、中国・インドからの移民たちが創り出した独特の食文化、そしてビーチリゾート。
かつてニューヨークが人種の坩堝と呼ばれたように、ペナン島はアジアの人種と文化の坩堝と言える島です。

「美味しくて楽しいペナン島」を一度覗いてみてください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です